油機部について

システムの概要 手動式エンドシステム 電動式ショートループシステム
電動式ループシステム 電動式エンドシステム デュアルライン分配弁
【潤滑装置】油機部TOP 集中潤滑装置デュアルラインシステム電動式ショートループシステム
電動式ショートループシステム
(※電動式エンドシステムとは異なります)
特 徴
・ ループシステムに於けるループ配管を無くし、『エンドタイプ』のように主管が2本だけなので経済的です。
・ ラインの切換は油圧切換弁を使用しているので、『エンドタイプ』のように配管末端に圧力調整弁が必要なく経済的。
・ 高精度の油圧切換弁を使用しているので確実な作動が保証されます。
・ 圧力調整はポンプユニットで出来るので、保守・点検が容易です。
・ 電気配線がポンプユニットに集約されるので経済的です。

動作説明
・ 電気制御盤の起動タイマーにより、設定された運転間隔で自動的にポンプ①が運転。
・ ポンプが起動すると潤滑剤は各分配弁に送られ分配弁を作動させ、給油を行う。
・ 全分配弁が作動し、給油が完了すると供給主管の圧力が上昇する。
・ ポンプ圧力が設定された圧力に達すると『油圧切換弁』を切り換え、同時にポンプを停止させる。
・ 次回の運転時には油圧切換弁が切換わっているため、前回と異なる供給主管に潤滑剤を送ります。
 つまり、ポンプは運転をするたびに供給ラインを切換、交互に潤滑剤を送ります。

電動式ショートループシステム

電動ポンプ作動
潤滑剤は油圧切換弁により2本の主管のいずれかに圧送される。
分配弁による給油開始
すべての分配弁が給油完了
供給が完了すれば主管圧力が急上昇し、油圧切換弁が切換る。
ポンプ停止
次回は先程と逆の主管に潤滑剤が送られる。

集中潤滑装置一覧へ




COPYRIGHT © KOWA CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.