広和マリンシステム部の強み 広和マリンシステム部
製品・サービス情報
水中TVカメラロボット(ROV)
水中底面掃除ロボット
水中カメラ
水中ランプ
超音波機器(ソナー)
水中機器(アクチュエータ)
その他
海洋・河川・ダム・水路調査
広和マリンシステム部の強み
導入事例
動画ライブラリ
お問い合わせ
TOP > 広和マリンシステム部の強み

広和マリンシステム部の強み

広和マリンシステム部は、1985年より水中TVカメラロボット(ROV)の開発を行い、独創的な設計思想と優れた技術力そして海洋調査で培った経験を生かし設計製造から販売を行っております。
極限の技術力が要求される深海11,000mに耐える機器から発電所内点検用超小型ロボットなど、幅広いニーズを読み取り製品も多種多様に増え、ROV、HDTVハイビジョンカメラ、水中デジタルスチールカメラ、水中照明、多軸式マニュピレータ、生物採取吸引装置、計測レーザポインタ、超音波ソナーなどの販売を行っております。
また、お客様のニーズに対応した特殊機器の設計製作なども直接ご相談をお受けいたします。
広和マリンシステム部は無限の可能性へ常に挑戦し続けます。

和歌山県 広川町
和歌山県 広川町(工場全景)
  和歌山県 広川工場(製造工場)
和歌山県 広川工場(製造工場)

広川工場 施設・設備

項目 内容
耐圧試験水槽(500m)

最大圧力 4.99MPa

耐圧試験水槽(7,000m) 最大圧力 68.6MPa
屋外実験水槽 大きさ L6m×W4m×D3m
5MPa耐圧試験装置 ・内寸法φ900mm×H1450mm(蓋高さ除く)
・水中コネクター付き
5MPa耐圧試験装置
70MPa耐圧試験装置 ・内寸法φ390mm×H1000mm
・水中コネクター付き
70MPa耐圧試験装置
試験プール
(海水・淡水切り替え)
・寸法4m×6m×深さ3m
試験プール(海水・淡水切り替え)
クリーンブース ・寸法2000mm×2500m×H2200mm
・清浄度クラス1000~10000
・捕集効率0.3μm 99.97%以上
クリーンブース

沿革

1985年   ROVの開発に着手し当時は海洋部 海洋機器グループと
して発足

1986年   ROV開発機KOWA300完成
1987年   ROV 150m仕様初号機完成
1987年   ROV 300m仕様初号機出荷
1989年   ROV 100m仕様初号機出荷
1991年   広川工場(水中機器製造工場)竣工
1992年   ROV 75m仕様初号機出荷
1993年   ROV 150m仕様初号機出荷
1997年   マリンシステム部として発足
2003年   ROV 500m仕様初号機出荷
2006年   ROV ハイビジョン搭載型初号機出荷
2006年   光ファイバー細径ケーブル M-ROV共同開発
2008年   「ABISMO」 11,000m マリアナ海溝チャレンジャー達成!
2010年   「HUBOS-2K」 ハイビジョン搭載2000m 初号機出荷
2011年   自律型無人探査機AUV3機の舵、推進器、他の製作!
2012年   「クラムボン」 ハイビジョン搭載1000m級ROVの出荷
2013年   国立大学向けハイビジョン搭載500m級ROVの出荷
2014年   超高画質4Kカメラの製作
2015年   水底清掃ロボットの開発

開発の歴史